BLOGブログ

テラヘルツ温熱・波動療法

平熱37度以下の人は、必見です!!

「温活」で冷え性&免疫力を改善しませんか?

こんにちは。

前回のブログは、新型コロナウイルスには「免疫力の底力」をあげることについて、

お話させていただきました。

あなたの平熱は、どのくらいですか?

現代人は、運動不足や食生活、ストレスなどから、女性の7割以上が、冷えていると言われています。

50年前とくらべると、平熱は、約1度も下がったそうです。

「いくら重ね着しても、何しても、、温まらない」

サロンにいらっしゃる男性のお客様は、

みなさん持病を持たれているので、冷え性の方が多く来店しています。

先月に、イベント参加のお手伝いをしてもらった30代の男性は、びっくりするくらいの冷え性で、私がシャツ一枚で動いているのに、厚手のジャケット着用したまま一日過ごしていました。

持病もないけど、20代30代の男性でも、冷え性に悩んでいる人は、珍しくありません。

お灸する幼稚園児!?

でもこの冷えの辛さは、

実は、私も経験者。

子供時代は、冷え性、胃弱、下痢、便秘、自律神経失調症、低血圧、アレルギー過敏症といった症状に悩まされていました。

ですから、幼稚園も休みがちというか、

頑固な性格も影響して、

ひきこもり登園拒否。。。

小学生の頃は、春の始業式には貧血で倒れ、

夏になるとプールで唇が青くなり…

秋の運動会の練習では、

熱中症になり日陰で、体育座り。

秋の遠足では、バス酔いで意識がもうろうとなり…

冬になると冷え性で腹痛に襲われるといった始末です。

給食は、好き嫌いがあって、放課後まで残されて食べさせられてました。

今の私を知ってる方には、

想像も出来ないことでしょう。

子供なのに、体がつらい、でも学校は行かないといけない。

いつもそんな心の葛藤がありました。

心と体のバランスは、つながりあってます。

今、思い出しても、可哀想です。

幼稚園から、祖母に連れられて、鍼灸治療院に通っていました。

だからこそ、

「いくら重ね着しても

何しても、、温まらない」

そんな冷え性の辛さは、

痛いほど分かるのです!

平熱37度以下の人は、体が冷えている!?

体温が1℃下がると免疫力は30%、

基礎代謝は12%低下します。

体温を上げることは、冷え性の改善だけでなく、免疫力を高めてくれて、基礎代謝も上がるわけですから、ダイエット効果もあり、全身のアンチエイジングになります。

健康で元気な方は、お肌も透明感があってキレイで、体もスッキリとして、若々しくて躍動感がありませんか?

「温石りらくココロ」では、陶板浴「テラヘルツ温熱ベット」で体の奥深くまでしっかり温め、本来の自分の力を引き出すサポートをさせていただいております。

テラヘルツ波とは?

1秒間に1兆回の分子振動が起こり、遠赤外線よりも波長が長いので、細胞にスムーズに浸透して、体を芯まで温めることが出来ます。

足の先から、指先まで、ポカポカになり、

心までリラックスします!

体の冷えは、

あらゆる病気の温床になります。

ぜひ、陶板浴「テラヘルツ温熱ベット」を体験して、ゆっくりと体質改善をしていきませんか?

これからも、体を温める大切さ

細胞の波動を整える大切さ

背骨のバランスを整える大切さについて、

お話していきたいと思います。

いつも、ありがとうございます。